国産サジー

サジーが北海道で栽培

サジーの果実と言えば、ビコアサジーをはじめとした外国で育った原材料が多いです。 近年では国産のサジーも販売をスタートしましたが、海外産のサジーと国産のサジーの違いはあるのでしょうか?


サジーの栄養価は過酷な環境が鍵

サジーは世界中に自生しており、その種類は亜種を含くめると約18種類も存在しています。


サジーの果実は育つ環境により栄養価が異なり、降雨量が少ない環境や気温の変化が激しい地域で育つサジーほど、高い栄養価を誇ると言われています。

沙棘の原産地がロシアや中国が多いのはそのような理由もあるのです。


北海道でサジーが育てられている

日本は上記の理由でいうとサジーは育ちにくい環境にあるのですが、近年は北海道で育てられたサジーが商品化しています。

サジージュース他にもフルーツソースとして売られているものも多く、サジーの使い方の幅が広がりますよね。 海外の物を口にするのに抵抗がある方などは国産のサジージュースなどを使うことをオススメします。


一番のオススメはビコアサジー

サジーの果実の中で最も栄養価が高いと言われているのが「ビコアサジー」です。 ビコアサジーはとても小さい果実ですが、オレンジ色が非常に濃く沢山あるサジーの中でもトップクラスのスペックを誇ると言われています。


top